News.Paraviについて

close

OPEN

未来のスター選手の運命が決まる!筋書きなしのドラマを最初から最後まで『プロ野球ドラフト会議2022』

©TBS

10月20日(木)Paraviで1巡目指名から育成枠指名終了まで完全LIVE配信決定!!

 動画配信サービス「Paravi」では、10月20日(木)に行われる『プロ野球ドラフト会議2022』を1巡目指名から育成枠指名終了まで完全LIVE配信することが決定した。
 例年に比べて、大学生に粒ぞろいな選手がそろっているといわれる今回のドラフト。各球団が1位指名するのはどの選手か? 今シーズン日本人最多の56本塁打を記録したヤクルト・村上宗隆選手は、2017年のドラフト会議で”外れ1位”に指名。またシーズン奪三振率のNPB記録保持者で、東京オリンピックでも好投したソフトバンクのエース・千賀滉大選手は2010年育成ドラフト4位指名など、未来のスターはどこにいるかわからない。1巡目から下位指名まで決して見逃せない、運命のドラフト会議をぜひ、Paraviでご覧頂きたい。

『プロ野球ドラフト会議 2022』の概要
 今年は高校生154人、大学生187人がプロ志望届を提出。1巡目指名が重複すると、入札抽選制度が適用され、各球団代表によるくじ引きで、交渉権を獲得する球団が決まる。毎年、ドラマが生まれる、このくじ引きに今年も目が離せない。2巡目以降はウェーバー方式と逆ウェーバー方式を交互に繰り返し、指名した球団がその時点で交渉権を獲得する。こちらも、各球団がどのような戦略で選手を指名するのか、他競技の選手など隠し玉の指名はあるのか。運命の分かれ道ともいえる手に汗握る瞬間の連続は最後まで見逃せない。

『プロ野球ドラフト会議2022』の注目選手
【高校生】
★浅野翔吾(高松商)
今夏の甲子園での3本のホームランが記憶に新しいスラッガー。走塁や守備の面でも高い評価を得ており、巨人が1位指名を公表している。
★山田陽翔(近江)
エースで4番、キャプテンとして甲子園ではセンバツで準優勝、夏はベスト4にチームを導いた高校No.1ピッチャー。
将来性のあるピッチャーが欲しい球団がどの順位で指名するか、注目される。
【大学生】
★矢澤宏太(日本体育大)
「大学球界の二刀流選手」として、投打ともに高い評価を受ける。投手としては最速152キロのストレートと、スライダーやカーブといった変化球で三振を奪う本格派左腕。打者としては、長打力もあり足も速い、と3拍子そろったタイプ。複数球団からの1位指名が予想されている。
★蛭間拓哉(早稲田大)
左のスラッガーとして大学通算12本塁打。足の速さも評価されている。即戦力のパワーヒッターとしてこちらも上位での指名は確実。
【社会人】
★吉村貢司郎(東芝)
最速153キロの本格派右腕だが、昨年は無念の指名漏れ。その悔しさを跳ね返すように、一年でさらにピッチャーとしてレベルアップ。即戦力のとして高い評価を得ており、今年は1位指名の可能性も十分。

【配信情報】
[タイトル] プロ野球ドラフト会議2022
[配信日時] 10月20日(木) 17時頃~育成枠指名終了までLIVE配信
[視聴ページ] https://www.paravi.jp/title/101474
[出演] 解説 安倍昌彦
   実況 喜入友浩アナウンサー 

【プロ野球ドラフト会議の関連コンテンツも配信中】
◆2011~2021年名場面ダイジェスト
大谷翔平、鈴木誠也らメジャーリーガー。村上宗隆、清宮幸太郎、佐々木朗希ら日本球界を代表するスターたちが指名された2011年~2021年を一挙にお届けする。
[視聴ページ] https://www.paravi.jp/watch/101473
◆ドラフトヒストリー①
プロ野球界の門を開いた超人たち!彼らの指名映像を再現VTRと共に振り返る。(梅野隆太郎、與座海人、髙部瑛斗、田村俊介、吉田輝星、武岡龍世)
[視聴ページ] https://www.paravi.jp/watch/101957
※ドラフトヒストリーは、順次配信予定です。

記事をシェアする
  • line
カテゴリー

News.Paravi

News.Paraviはメディアグループ6社が設立した(株)プレミアム・プラットフォーム・ジャパンの定額制動画配信サービス「Paravi(パラビ)」のコンテンツやキャンペーンを紹介するサイトです。

News.Paraviについて

  • instagram
  • tiktok
  • youtube

ページTOP