News.Paraviについて

close

OPEN

Paraviオリジナルドラマ 「love⇄distance」yonawoとOmoinotakeが主題歌に決定!!

さらに、予告動画も解禁!

yonawo(AtlanticWarner Music Japan),Omoinotake(NEON RECORDS)  

 動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、6月27日(土)10時01分より、withコロナの時代の、“愛”と“キョリ”を描いた作品、Paraviオリジナルドラマ「love⇄distance(ラブディスタンス)」を独占配信することが決定している。
そしてこの度、ドラマを彩る主題歌として、オープニング曲にyonawo「トキメキ」、またエンディング曲にOmoinotake「夏の幻」が決定。なお、yonawoは本ドラマの劇伴奏曲も担当する。

 ドラマは、結婚3年目の仲良し夫婦、フォトグラファーの青年、動画配信チャンネルNewTubeで人気の3人組、同じマンションに暮らす男女6人が出会い、心を通わせていく中で生まれた、ほろ苦い“愛”と“キョリ”のものがたり。
 2020年初夏。人と人との繋がりが制限され、自宅で過ごすことも多くなった「今」。変わり続ける世の中で、それでも変わらない普遍的なものはあるのか?「人との距離(ディスタンス)」を意識せざるを得なくなった今だからこそ大切にしたい「心の距離」を描く。
 603号室に暮らす夫婦・美和と彰を水川あさみと清原翔、602号室に暮らすフォトグラファー・千秋を渡邊圭祐、601号室に一緒に暮らす動画配信チャンネルで人気の3人組・アンナ、ミナト、ショウをそれぞれ馬場ふみか、板垣瑞生、中尾暢樹が演じる。また、フォトグラファー役の千秋の写真は、ポートレートフォトグラファーの魚住誠一が撮り下ろした。

 本ドラマのオープニング曲「トキメキ」は、6月12日(金)にyonawoの配信限定シングルとしてリリースされた。yonawoらしいメロウでエモーショナルな曲調、想像力を掻き立てる独創的な歌詞世界でドラマのオープニングを飾り、劇中ではこれまでにリリースされたyonawoの楽曲の数々が劇伴奏曲として使用され、ドラマの世界観をより一層華やかに彩る。 

 yonawoは、荒谷翔大(Vo)、田中慧(Ba)、斉藤雄哉(Gt)、野元喬文(Dr)による福岡で結成された新世代ネオ・ソウル・バンドだ。2018年に自主制作した2枚のEP「ijo」、「SHRIMP」はCDパッケージが入荷して即完売。地元のカレッジチャートにもランクインし、早耳リスナーの間で謎の新アーティストとして話題になった。アーティストのみならず俳優・女優等多方面から注目を集め、川谷絵音はyonawoを「日本の若いバンドの中でダントツ」と評し、自身が出演するテレビ番組でもたびたびyonawoを紹介している。他にも音楽ライターや各局ラジオDJなど、幅広いジャンルの方々から高い評価を受け、注目度の高まる中、2019年11月にワーナーミュージック・ジャパン内Atlantic Japanよりメジャーデビュー。配信限定シングル「ミルクチョコ」「Mademoiselle」を11月&12月に2か月連続でリリースし、直後に初の海外となる台湾公演を成功させ話題に。また、2020年3月にはアメリカで開催予定だった世界最大級のフェスティバル、SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)への出演が決定するなど、海外でも注目を集めている。そして、2020年4月15日に初の全国流通盤となる6曲入りのミニアルバム「LOBSTER」をリリースした。収録曲の「矜羯羅がる」は、全国のラジオ局37局にてパワープレイを獲得し、多方面で話題に。ミニアルバム「LOBSTER」のリリースからわずか1週間後の4月24日には配信限定シングル「good job」を、5月1日には過去のデモ曲をまとめた配信限定アルバム「desk」を、6月12日には配信限定シングル「トキメキ」と立て続けに音源をリリースしている。

 エンディング曲「夏の幻」を担当するOmoinotakeは、島根県出身の藤井レオ(Key/Vo)、福島智朗(エモアキ)(Ba/Cho)、冨田洋之進(ドラゲ)(Dr/Cho)からなるギターレス、ピアノ・トリオバンド。中学からの同級生だった彼らが2012年東京で結成。ソウル、R&B、HIPHOPなどブラックミュージックの系譜からインスパイアされ生み出す彼らのセンス溢れるサウンドメイク、そして繊細ながらも情感を揺さぶる藤井レオの魅力的なボーカルが今の時代のカルチャーと相まっている。2017年1st full album「So far」、1st mini album「beside」、2018年2nd mini album「Street Light」をリリース。数々のストリーミングサイトの注目のプレイリストに選出、ラジオ各局でも何度もOAされるようになり、SNSから話題を集め、各媒体・リスナーより高い支持を得る。2020年にはインディーズながら、劇場アニメ「囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather」の主題歌に、3rd Mini Albumより「モラトリアム」が抜擢され、その楽曲がMusic Videoが200万回、ストリーミングサイトで累計220万回再生され、話題となった。その勢いのまま、3か月連続配信シングルを発表、4月「欠伸」、5月「One Day」と、立て続けにリリース。一発撮りのパフォーマンスを配信するYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にインディーズながら初登場をし、「One Day」を披露。公開から1週間で130万回再生され、名だたるメジャーアーティストを上回る再生回数を記録している。今、最も注目を集めるバンド。「夏の幻」は6月26日(金)よりApple Music、Spotify、LINE MUSIC他のストリーミングサービス等で配信を予定。

 6月27日(土)より配信スタートするドラマとともに、主題歌にもぜひご期待いただきたい。

<yonawoコメント>

僕たちの新曲「トキメキ」がドラマの主題歌に決定しました。ありがとうございます。
僕たちにとって初めてとなる主題歌です。さらに劇中でも僕たちの楽曲が流れます。
ドラマと曲がどんな風に融合するのかとても楽しみにしています。
ドラマの世界観をより素敵に彩るものとして、僕たちの音楽も楽しんで頂けたらと思います。

<Omoinotakeコメント>

「夏の幻」は「そこにあるはずだった夏の実体験」というテーマを基に制作した楽曲です。
花火大会やフェスなど、たくさんのイベントが中止になってしまった今年の夏。
「love⇄distance」のテーマにも重なる部分があり、エンディング曲を任せていただいたことを光栄に思います。
夏の匂いや温度、胸を焦がす恋の感情をリアルな目線で綴ったこの曲が、「love⇄distance」のストーリーを通すことで、たくさんの方にとって、この夏の大切な一曲になることを願っています。

 

さらに、主題歌が使われているドラマの予告動画が本日初公開!

<60秒予告動画>■yonawo版

<60秒予告動画>■Omoinotake版

【番組概要】

[タイトル]Paraviオリジナルドラマ 「love⇄distance」
[配信日時]6月27日(土) 10時01分~ 第1話、第2話
      6月28日(日) 0時01分~ 第3話
      6月29日(月) 0時01分~ 第4話
      6月30日(火) 0時01分~ 第5話
      7月1日(水) 0時01分~ 第6話
      7月2日(木) 0時01分~ 第7話
      7月3日(金) 0時01分~ 第8話
      7月4日(土) 0時01分~ 第9話
      7月5日(日) 0時01分~ 第10話
      (1話8分×全10話)

[スタッフ]
 製作        田中徹、藤原麻知、高橋智大、大和健太郎(Paravi)
 脚本        伊達さん
           椿本慶次郎(ソケット)
 主題歌       オープニング曲:yonawo「トキメキ」
           エンディング曲:Omoinotake「夏の幻」
 企画・プロデュース 櫻井雄一(ソケット)
 プロデューサー   山邊博文(ソケット)
 監督        スミス
 制作        ソケット
 製作著作      Paravi

[出演者]
 滝口 美和     水川あさみ
 滝口 彰      清原翔

 浅野 千秋     渡邊圭祐

 アンナ       馬場ふみか
 ミナト       板垣瑞生
 ショウ       中尾暢樹

番組公式サイト:https://www.paravi.jp/static/lovedistance/

©Paravi

記事をシェアする
  • line
カテゴリー

News.Paravi

News.Paraviはメディアグループ6社が設立した(株)プレミアム・プラットフォーム・ジャパンの定額制動画配信サービス「Paravi(パラビ)」のコンテンツやキャンペーンを紹介するサイトです。

News.Paraviについて

公式アカウント

ページTOP